更年期障害

更年期の原因

40~50代の女性は急激な女性ホルモンの分泌低下に伴い、イライラやほてり、のぼせ、不眠などの体調変化を感じることが多くなります。また、これらの症状に合わせ排尿障害や骨粗鬆症、性交障害など女性特有の症状や変化が現れることがあります。
更年期は閉経をはさんだ前後10年のことを指します。標準的には45~55歳が更年期になりますが、個人差があり症状もそれぞれです。

更年期の症状

更年期の症状には個人差があり、年齢とともにあらわれる症状が変わることもあります。
寒い時期でも汗が大量にでてくることを異常発汗といい、のぼせなどとあわせてホットフラッシュともいいます。

不安·気分が沈みがち

ほてり·発汗·のぼせ

イライラする

頭痛

不眠

動悸

肩こり

更年期症状の治療

更年期症状の治療には薬剤による治療があります。ほとんどが健康保険が適応されます。

ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充療法(HRT)は、減少したエストロゲン(卵胞ホルモン)を補充する療法です。ホルモン補充療法は保険適用で、自己負担も少なく、更年期障害の根本的な治療法としてもっとも期待されてます。

プラセンタ注射による治療

プラセンタとは「胎盤」を意味します。妊娠中から出産まで赤ちゃんを守り育てる大切な臓器です。プラセンタには多くのアミノ酸やビタミン類、ミネラル類などが豊富に含まれています。プラセンタにはホルモンバランスや自律神経を整える作用があり、更年期特有の症状の改善に期待できます。

また、Gクリニックでは保険治療によるプラセンタ注射が可能です。

その他、薬剤による治療

ホルモン補充療法が使用できない場合には漢方を使用することがあります。
また、うつや不安などの精神神経症状が強い場合などには抗うつ薬や抗不安薬が使用されます。

更年期症状緩和の美容液のご紹介

Palilis(パリリスエッセンスセラム)

パリリスエッセンスセラムはデリケートゾーンのケアに特化した、膣専用の美容液です。

なぜ膣専用の美容液なのか

化粧水や美容液は肌に直接塗るのが当たり前になっていますが、膣からの吸収率は皮膚の42倍※1と言われており、実は、皮膚に塗るよりも美容成分を速やかに吸収できます。
※1 二の腕の内側を1とした場合

デリケートゾーンは吸収率がよく、センシティブであるため、高い安全性が求められます。
パリリスエッセンスセラムは、添加物や化学物質は使用せず、ニンニクエキスや高麗人参エキス、ザクロエキスなど18種類ものオーガニック成分だけを使用しており、安心してお使いいただけます。

ご使用方法

パリリスエッセンスセラムを手に取り、デリケートゾーンに優しくつけてください。

注意事項

  • お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
  • お肌に傷、湿疹等以上のあるとき、またはお肌に合わない時は使用しないでください。
  • 使用中または使用後に、赤み、はれ、かゆみ、刺激等の異常があらわれた時は、使用を中止し皮膚 科専門医等にご相談されることをおすすめします。そのまま使用を続けますと、症状が悪化することがあります。

更年期障害診療案内

プラセンタ注射

プラセンタとは、ほ乳類等の胎盤のことで、妊娠から出産まで赤ちゃんを守り育てる大切な臓器です。プラセンタエキスには、多くのアミノ酸やビタミン類、ミネラル類などが豊富に含まれています。注射により直接体内へ入れるので吸収が良く、免疫を活性化、美容面でも健康面でも効果があります。


疼痛緩和(痛みの部分)

関節痛や肩の痛みなどさまざまな痛みの緩和の効果が期待できます。
特に効果を得たい部位に培養上清液を注射で注入します。注入した部位では細胞分裂が活 発になり組織の再生が行われることが期待されます。
関節内への注入では、関節炎などの炎症を抑え骨膜などを再生する効果が期待されます。 その他、部位によりさまざまな効果が期待できます。

その他おすすめのお悩み別案内


こちらの施術内容ページは医学的・専門的な内容の為、当院院長の三島 雅辰監修の元作成しております。
資格:日本外科学会認定医、日本医師会認定産業医

今だけ LINE友達追加で10%OFFクーポン贈呈!

Gクリニック公式Instagramアカウント


  • 友だち追加

右のQRコードをスキャンして、WeChatで私を追加してください。

WeChatのQRコード。スキャンかタップでアクセス。

〒104-0061 東京都中央区銀座5-3-13 GINZA SS85ビル12階 アクセス