線維芽細胞療法

線維芽細胞療法とは

線維芽細胞療法(肌の再生医療)は、手術や脂肪や異物などの注入を一切行わず、ご自身の肌細胞を培養し、移植する治療です。
老化や紫外線などのダメージにより少なくなってしまった線維芽細胞(肌細胞)を移植して増やすことで、老化症状が起こる前(線維芽細胞が少なくなる前)の肌本来の状態に戻す治療です。
ご自身の細胞を移植するので、安全性が高く、肌のハリやシワの改善などの若返り効果とともに、老化の進行を抑えるという働きがあります。

肌細胞(真皮線維芽細胞)とは

肌細胞(真皮線維芽細胞)は、お肌の真皮にある細胞で、肌を構成する三大要素である「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」やタンパク質を作り出し、肌のハリや潤いを保つ働きをしています。若い時のお肌にハリと潤いがあるのは、肌をメンテナンスしてくれる肌細胞がたくさんある状態だからです。

コラーゲン

真皮の70%を占め、網目状に張り巡らされ、柱のように表皮や皮下組織を支えているタンパク質繊維です。肌のハリに欠かせない成分です。 肌にハリや弾力を持たせます。

エラスチン

真皮の2%ほどのタンパク質でゴムのような伸縮性と弾力性を持っています。コラーゲン同士を結びつけ、弾力のある肌を作る役割を担っています。肌の弾力に重要な成分です。

ヒアルロン酸

コラーゲンとエラスチンの隙間を埋めるムコ多糖類の一つです。たった1gで6Lの水分を保つことができると言われています。ゼリー状で水分をしっかり抱え込むため、クッションのように弾力をサポートします。肌の潤いに重要な成分です。

治療部位

部位や治療範囲により必要な移植量(肌細胞の量)が異なります。詳しくはお問い合わせください。

施術の流れ

  • 診察:医師による診察を行います
  • 血液検査:当院または最寄りの医療機関にて血液検査を行います
  • 皮膚採取:細胞を培養するための皮膚を耳の後ろから採取します
  • 培養:厚労省認可施設の細胞培養センター(CPC)にて肌細胞を培養します
  • 移植:培養した肌細胞を気になる部分に移植します

施術について

皮膚採取

  • 施術時間:15分程度
  • 痛み:麻酔をしますので、ほとんどありません
  • 入浴・シャワー:当日から可能
  • 運動・飲酒:翌日から可能
  • そのほか:細胞培養に使用する血液を採取します

細胞移植

  • 施術時間:1時間程度
  • 施術回数の目安:初回の移植から3週間以内に2回目の移植をすることで肌細胞の定着しやすくなり、効果がわかりやすいです。その後は1~2年に1回ごとの治療が効果的です
  • 痛み:麻酔をしますので、ほとんどありません
  • 赤み・腫れ:3~4日程(個人差あり)
  • メイク:当日から可能
  • シャワー:当日から可能(入浴は翌日から可能)
  • 運動・飲酒:翌日から可能
  • そのほか:移植後1ヶ月は細胞を定着させるため、エステやマッサージなど肌に刺激となることはお控えください

細胞の保管について

細胞保管サービスを利用することで、半永久的に肌細胞を保管・貯蓄しておくことができます。そのため、何年経っても当時(皮膚採取時)の若い細胞を取り出して治療を受けることができるようになります。

料金

お問い合わせください


こちらの施術内容ページは医学的・専門的な内容の為、当院院長の三島 雅辰監修の元作成しております。
資格:日本外科学会認定医、日本医師会認定産業医

  • 友だち追加

右のQRコードをスキャンして、WeChatで私を追加してください。

WeChatのQRコード。スキャンかタップでアクセス。

〒104-0061 東京都中央区銀座5-3-13 GINZA SS85ビル12階 アクセス