ANK療法

ANK療法とは

ANK自己リンパ球免疫療法はどんな部位のがんであっても治療対象です。
ANK(Amplified Natural Killer)自己リンパ球免疫療法(通称:ANK免疫療法、ANK療法)は、免疫細胞療法もしくは、活性化自己リンパ球移入法等と呼ばれるがん治療の一種です。

乳がん、前立腺がん、肺がん、大腸がん、胃がん、食道がん、膵がん、肝がんなど、固形がんをはじめ、肉腫、ALT(成人T細胞白血病)などの白血病や悪性リンパ腫など、一般に「がん」と称される全てが治療対象となります。

進行がんに対する標準治療は、延命を目的としたものです。治療の効果も、「延命効果」のことを意味しています。ANK免疫療法は、標準治療の限界を超え、延命やQOL改善に留まらず、がんの完治を目指すために開発されたものです。

ANK療法の特徴

  • がんの部位を問いません
  • 標準治療の邪魔をしないよう、日程などを合わせて治療を行います
  • 一般法とは桁違いの数の活性の高いNK細胞を培養します(国内で実施される免疫細胞療法のほとんどは一般法です)
  • 強い免疫刺激作用による免疫副反応を伴います(例えば、点滴後におきる一過性の発熱など。)
  • 分子標的薬との併用で治療効率の向上を目指します
  • 標準療法による合併症を伴わない上にQOL改善効果も狙います
  • 治療前の状態によっては仕事を続けながら治療を受けることも可能です

免疫副反応について

本人の細胞の遺伝子などを改変せずに本人に戻す治療ですので原理的に安全と考えられますが、点滴の度に発熱など何らかの免疫副反応があります。

これは培養細胞が体内で放出する免疫刺激物質(インターフェロンやインターロイキンなどのサイトカイン類)の影響によるものです。

発熱は必発ですが、他の免疫副反応は人によって、あるいは治療の度に様々ですので詳しくは医師から説明があります。

いずれも一過性のもので時間の経過とともに自然に治まっていきます。

治療の流れ

  1. 医師との面談をします。
  2. リンパ球の採取をします。
  3. 培養センターにてNK細胞を活性化、選択的に増殖させます。
  4. 点滴により体内に戻します。(約1時間)

  • 医師との面談は、時期が早ければ早いほど、治療の選択肢が多くなります。治療方針や治療設計の提案を受けられ、ご納得されれば、治療をお申込みください。
  • リンパ球採取では透析のような専用装置を用い、患者様の血液5~8リットル相当を体外に循環させます。血液の大部分はそのまま体内に戻しながら、血液中のリンパ球を分離して集めます。

点滴によって体内に戻されたANK細胞の作用

  1. 直接、体内のがん細胞を傷害します。
  2. 体内で、免疫刺激系のサイトカイン類を多種大量に放出します。
    そして、体内に沢山いる活性が低下しているNK細胞の活性化を促します。
    大量の免疫刺激物質の放出による結果として、熱が出ます。強い免疫刺激はどうしても、発熱を招きます。
  3. 活性化したNK細胞に誘導され、CTLというT細胞の一種も活性化され、がん細胞への攻撃に加わります。

ANK療法の治療実績

ANK療法を取り入れた全国の施設における治療実績は、2001年開始以来、2020年3月末時点、3,312例となっております。以下の通り、部位別ではほぼ、あらゆる部位に及んでいます。

リンパ球バンク株式会社ホームページより)
※その他は、中皮腫、腹膜、後腹膜腫瘍、神経芽腫、副腎、性腺外胚細胞腫、偽粘液腫、原発不明

料金

お問い合わせください


こちらの施術内容ページは医学的・専門的な内容の為、当院院長の三島 雅辰監修の元作成しております。
資格:日本外科学会認定医、日本医師会認定産業医

  • 友だち追加

右のQRコードをスキャンして、WeChatで私を追加してください。

WeChatのQRコード。スキャンかタップでアクセス。

〒104-0061 東京都中央区銀座5-3-13 GINZA SS85ビル12階 アクセス