注射・点滴療法
(エイジングケア)

注射・点滴療法(エイジングケア)診療案内

NMN点滴療法

ハーバード大学医学部の研究で若々しさを取り戻す効果が発見された次世代のエイジングケア療法です。NMNを摂取することで、身体機能の向上や認知機能の向上などの効果があることが明らかになり、研究が次々と発表され、世界中で注目を集めています。


プラセンタ注射

プラセンタとは、ほ乳類等の胎盤のことで、妊娠から出産まで赤ちゃんを守り育てる大切な臓器です。プラセンタエキスには、多くのアミノ酸やビタミン類、ミネラル類などが豊富に含まれています。注射により直接体内へ入れるので吸収が良く、免疫を活性化、美容面でも健康面でも効果があります。


プラセンタ注射(保険適応)

更年期障害の治療としての場合、45歳~59歳の女性が対象です。費用は保険の範囲内で行います。
プラセンタ注射が保険適応となる病名は限られていますので、厚生労働省が認可した病名の方以外は保険でのプラセンタ注射を受けることができません。
45歳~59歳までの更年期障害の方は週2回の注射をお受けいただきます。

必ず保険証をご持参ください。初診には血液検査を行います。


にんにく注射

疲れや倦怠感の原因の一つは、疲労物質である乳酸が体の中に蓄積されるためです。蓄積された乳酸を燃やして新陳代謝を高めるため、疲労感などの症状改善に即効性があります。ビタミンB1を主成分とした薬剤を血管内に直接注射します。注入すると鼻ににんにくのような匂いがすることからにんにく注射と呼ばれています。


高濃度ビタミンC点滴

通常、大量のビタミンCを口から摂取すると体をサビさせる鉄イオンの吸収を促進するため、活性酸素発生の原因になることがあります。
高濃度のビタミンCを点滴することで血中のビタミンC濃度を急激に上昇させ細胞の1つ1つにビタミンCを浸透させることが出来ます。また鉄イオンの吸収を促進することもありません。


プレミアム白玉点滴

美白・美容成分グルタチオンの点滴で別名「ホワイトニング点滴」とも言われています。グルタチオンを構成する3種類のアミノ酸の働きによって抗酸化作用や美白作用、疲労回復作用などが期待できます。


花粉症予防注射

ヒト免疫グロブリンに微量のヒスタミンを加えた配合剤(ヒスタグロビン)を使用します。他の薬とは異なり、アレルギー体質を改善して、症状を治す注射です。
ヒスタグロビンは肥満細胞からの症状の原因となるヒスタミン放出を抑え、くしゃみ・鼻水・かゆみ・むくみなどのアレルギー症状を改善します。また、アレルギー症状の悪化や慢性化を抑えます。


GLP-1ダイエット(ダイエット注射)

GLP-1とは、小腸で造られるホルモンの一種で、食欲の抑制や血糖値の上昇を抑える作用があります。アメリカ、ヨーロッパでは肥満治療薬として、日本では糖尿病治療薬として国の認可を受けています。
GLP-1は医師の診察、指導のもとに処方される薬です。


その他

デトックス点滴

体内に溜まった有害なもの(毒素)を排出する手助けをする点滴です。


こちらの施術内容ページは医学的・専門的な内容の為、当院院長の三島 雅辰監修の元作成しております。
資格:日本外科学会認定医、日本医師会認定産業医

営業時間:10時~18時30分(木・日定休)

TEL:03-3572-3860

渡航者向けのPCR検査

24時間・休診日でもOK!

【24時間受付】PCR予約はこちら

今だけ LINE友達追加で10%OFFクーポン贈呈!

Gクリニック公式Instagramアカウント


  • 友だち追加

右のQRコードをスキャンして、WeChatで私を追加してください。

WeChatのQRコード。スキャンかタップでアクセス。

〒104-0061 東京都中央区銀座5-3-13 GINZA SS85ビル12階 アクセス