再生医療・予防医療

再生医療とは

再生医療とは、日本再生医療学会によると再生医療とは「機能障害や機能不全に陥った生体組織・臓器に対して、細胞を積極的に利用して、その機能の再生をはかるもの」とされています。
わかりやすく言うと、薬などではなく「細胞の力」を使った新しい医療ということです。

では、「細胞の力」とは何でしょう。

トカゲやイモリのしっぽは切り離されてもまた元通りに戻ります。トカゲ、イモリほどではないですが、人間にも「再生する力」があります。再生する力=細胞の力です。
再生医療とは、けがや病気などによって失われた機能を「再生する力」を利用して、元通りに戻すことを目指す医療のことです。

細胞の種類について

人間の身体はおよそ60兆個の細胞からつくられています。その始まりはひとつの受精卵です。受精卵は細胞分裂を繰り返し、様々な細胞に成長し、血液、骨、皮膚、脳、心臓など組織や臓器が作られます。
このように細胞が様々な組織や臓器に変化することを「分化」といいます。

細胞には寿命があるため、細胞は分化すると、それ以上に細胞を増やすことができなくなり、やがて死んでいきます。例えば、肌をこすると垢が出ます。垢は死んだ細胞などが剥がれ落ちたものです。剥がれ落ちた垢の下にすでに新しい皮膚があるのは、組織の中には新しい細胞を作る役割の未分化な細胞があるからです。
分化し、皮膚や血液のように組織や臓器となった細胞は「体細胞」、これから様々な細胞になれる未分化な細胞は「幹細胞」と呼ばれています。

予防医療とは

予防医療とは「病気になってから治療するのではなく、病気になりにくい身体をつくる」ということです。冬になるとインフルエンザワクチンの予防接種をする方が多いと思いますが、この予防接種も予防医療のひとつです。

予防医療の3段階

1次予防
健康増進

食生活や運動などの生活習慣を改善する。予防接種を受ける。禁煙をする。ストレス解消をはかる。

2次予防
早期発見・早期治療

健康診断や人間ドックを受ける。糖尿病、高血圧、高脂血症などの治療をする。

3次予防
リハビリテーション

病気の回復や再発防止のためにリハビリテーションを受ける。治療を継続して増悪防止する。

なぜ、予防医療が大切なのか

死因は感染症から慢性疾患へ

昭和25年の死因は結核、脳卒中、肺炎でしたが、令和元年の死亡数を死因順位別にみると、第1位は悪性新生物(がん)で約38万人、第2位は心疾患(高血圧症を除く)で約21万人、第4位は脳血管疾患で約11万人となっています。全死亡者のおよそ3.7人に1人は悪性新生物(がん)が死因となっています。
悪性新生物、心疾患による死亡率は上昇傾向にあると言います。※1

1:厚生労働省 令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況

超高齢社会に突入

日本の総人口に占める高齢者(65歳以上)の割合は27.4%※2と、国民の4人に1人が高齢者です。高齢者の人口が7~14%の社会を「高齢化社会」、14~21%の社会を「高齢社会」、そして21%を超えると「超高齢社会」と呼んでいますが、日本は世界で最初に超高齢社会を迎えた国となりました。

国民医療費は毎年、増加傾向にあります。さらに、加齢に伴う医療ニーズの増大は、医療費に影響を及ぼしており、国民医療費の半分以上を占めています。※3

2:総務省統計局 人口推計(平成29年1月確定値)

3:厚生労働省 平成29年度国民医療費の概況

再生医療・予防医療診療案内

線維芽細胞療法

線維芽細胞療法(肌の再生医療)は、手術や脂肪や異物などの注入を一切行わず、ご自身の肌細胞を培養し、移植する治療です。
老化や紫外線などのダメージにより少なくなってしまった線維芽細胞(肌細胞)を移植して増やすことで、老化症状が起こる前(線維芽細胞が少なくなる前)の肌本来の状態に戻す治療です。
ご自身の細胞を移植するので、安全性が高く、肌のハリやシワの改善などの若返り効果とともに、老化の進行を抑えるという働きがあります。


ANK療法

ANK自己リンパ球免疫療法はどんな部位のがんであっても治療対象です。
ANK(Amplified Natural Killer)自己リンパ球免疫療法(通称:ANK免疫療法、ANK療法)は、免疫細胞療法もしくは、活性化自己リンパ球移入法等と呼ばれるがん治療の一種です。


NK療法

NK細胞は、自然免疫細胞の主要な細胞傷害性リンパ球の一種で、自然免疫細胞であるNK細胞は樹状細胞の情報を必要としないでがん細胞を破壊することができることから、生まれつきの細胞傷害性細胞という意味で名付けられた細胞です。
本治療法は、選択的にNK細胞を増殖・活性化し,再び体内に戻す治療法です。NK細胞は、さまざまながんに対して効果が期待できます。


BAK療法

BRM Activated Killer(生物製剤活性化キラー)療法の頭文字を取ったものです。
がん治療「免疫細胞BAK療法」は、国への届出、受理されたリンパ球を用いたがん免疫細胞療法です。使用する免疫細胞は自然免疫細胞のγδT(ガンマデルタ)細胞とNK細胞を主に使用して治療します。


こちらの施術内容ページは医学的・専門的な内容の為、当院院長の三島 雅辰監修の元作成しております。
資格:日本外科学会認定医、日本医師会認定産業医

営業時間:10時~19時(木・日定休)

TEL:03-3572-3860

  • 友だち追加

右のQRコードをスキャンして、WeChatで私を追加してください。

WeChatのQRコード。スキャンかタップでアクセス。

〒104-0061 東京都中央区5-3-13 GINZA SS85ビル12階 アクセス