ULTRAcelQ+
(ハイフ)

医療ハイフ(HIFU)

ハイフは「High Intensity Focused Ultrasounds」の略で、元々は前立腺がんの治療などに使われており、美容医療用に開発されました。
ULTRAcelQ+(ウルトラセルキュープラス)とは、HIFU(高密度焦点式超音波)の照射で真皮から皮下組織に熱エネルギーを与え、たるみの原因であるSMAS筋膜を引き締め、その後、創傷治癒過程でコラーゲンが再生されることで、お肌の奥からリフトアップする医療用の機器です。
痛みが少なく、術後の腫れもほとんどありません。あご下・首たるみのほか、LinearFirm(リニアファーム)を併用することで二重あごの改善やくすみの改善にも対応可能です。

ULTRAcelQ+(ハイフ)の特徴

即時的&中長期的な効果の持続

ULTRAcelQ+は皮膚の目標部位に熱エネルギーを与えます。熱エネルギーを受けた組織はタンパク質変性を起こします。これにより施術直後からリフトアップや肌が引き締まった効果を感じていただけます。
さらに熱エネルギーによるダメージを修復するために1~3か月かけてコラーゲンの再生が促進されるので2~3か月後に最も効果を感じていただけます。個人差はありますが治療後半年~1年程効果を感じていただけます

スピーディーな施術

顔全体の治療で平均400ショット照射した場合、15分程度で終わります。1ショットの照射の速さは他機種と比べても短くなっています。
カウンセリングなどの時間を含めても短時間で施術が可能なため、ランチタイムや仕事帰りにもお受けいただけます。

  1. ULTRAcelQ+は日本国内の薬機上の承認の医療機器ではありません。
  2. ULTRAcelQ+は当院の医師が個人輸入しております。
  3. 同一の性能を有する他の国内承認機器はありません。
  4. ULTRAcelQ+は韓国のMFDS(旧KFDA)、ヨーロッパの認証を取得しております。

ULTRAcelQ+(ハイフ)はこんな方におすすめ

  • リフトアップ
  • たるみ、しわの改善
  • フェイスラインの引き締め
  • 小顔
  • 小じわの改善
  • ほうれい線の改善

LinearFirm(リニアファーム)はこんな方におすすめ

  • 二重あごが気になる
  • くすみを改善したい

ULTRAcelQ+(ハイフ)2種類のカートリッジ

たるみの原因であるSMAS筋層や脂肪層、浅い層に熱エネルギーを与えます。

従来からあるドットカートリッジ

点状に照射し、焦点で加熱する
熱エネルギー温度は60℃±

引き上げや引き締め効果

新しいリニアカートリッジ

線状に照射し、広範囲に加熱する
熱エネルギー温度は58℃±

ボリューム減少や引き締め効果

ドットカートリッジ

ドットカートリッジの種類は4種類。皮膚の深層、中間層、表層のそれぞれに効果的なカートリッジを選択します。

1.5mm

2.0mm

表皮下層~真皮下層部まで

  • 目元や口元の小じわ改善
  • ハリ感の改善 など

3.0mm

真皮深層~皮下脂肪層まで

  • 引き締め
  • たるみの改善 など

4.0mm

SMAS筋層

  • リフトアップ
  • 深いしわの改善 など

リニアカートリッジ

リニアカートリッジの種類は2種類。脂肪融解や皮膚のタイトニングなどお悩みに合わせてカートリッジを選択します。

2.0mm

表皮下層~真皮下層部まで

  • 肌質改善
  • 美肌効果 など

4.5mm

皮下脂肪層

  • 脂肪減少
  • タイトニング など

二重あご治療

今までのリフトアップや引き締め効果ではなく、脂肪を破壊してくれる新しい医療ハイフです。

新しいカートリッジ「リニア・カートリッジ4.5mm」は線状に超音波を照射し、広範囲に熱を伝えることで従来のリフトアップや引き締め効果ではなく、脂肪溶解の効果があります。二重アゴなどの気になる脂肪を改善し、小顔に導きます。

施術の流れ

  1. 診察
    医師による診察を行います。

  2. 洗顔
    治療前にメイクや油分を落とします。

  3. 施術
    ハイフを顔全体(あご下)にあてます。
    施術時に気になる部位を教えてください。

  4. アフターケア
    化粧水、クリームで保湿をします。

施術について

  • 施術時間:約15〜30分
  • 治療間隔:3ヶ月に1回(二重あご治療の場合は2週間に1回)
  • 痛み:ほとんどありません
  • 赤み:施術後に赤みがでることがありますが、数日以内に消失します。
  • メイク:当日より可能
  • 入浴・シャワー:当日より可能

副作用

  • 感染
  • 熱傷
  • 神経麻痺
  • 色素沈着
  • 紅斑
  • 毛嚢炎

医療ハイフと家庭用ハイフの違い

家庭用のハイフとクリニックで行う医療ハイフとの違いについてまとめました。

表の右端が見切れる場合はスクロールしてご確認ください。

  医療ハイフ  家庭用ハイフ 
照射範囲 皮膚の奥にあるたるみの原因部分(SMAS筋層)まで照射 皮膚の表面のみ照射
効果 皮膚の浅い層〜深い層(筋肉)まで熱を与えるため効果が高い 皮膚の浅い層にしか効果がない
安全性 皮膚の表面的な火傷の心配はない 皮膚の表面に熱を与えるため火傷のおそれがある

医療ハイフと家庭用ハイフでは照射できる範囲や使用できる出力が異なります。家庭用のハイフでは熱を与える範囲が皮膚の表面だけです。たるみの原因部分(真皮層~SMAS筋層)に対しては熱アプローチができないので、リフトアップ効果はほとんどないといってもいいでしょう。

医療ハイフとエステハイフの違い

エステのハイフとクリニックで行う医療ハイフとの違いについてまとめました。

表の右端が見切れる場合はスクロールしてご確認ください。

  医療ハイフ  エステハイフ 
照射パワー 高い 低い
効果 効果が高い 効果が低い
安全性 医療資格を持った者が照射するためトラブルはほとんどない 医療資格を持たない者が照射するためトラブルが多い
施術間隔 6ヶ月〜1年に1度 数週間〜数ヶ月に1度

医療ハイフとエステハイフでは使用できる出力が異なります。エステハイフでは細胞が変化する温度に上がることがないように設定されています。その分、医療ハイフほどの効果はありません。
また、医療ハイフは医師や看護師といった医療資格を持ったスタッフが照射します。一方、エステハイフは医療資格を持たないスタッフが照射するため、神経損傷や火傷などのトラブルが多く発生しています。

よくある質問

痛みはありますか?
痛みの感じ方には個人差がありますが、わずかに熱感があります。ほとんどの方は麻酔なしで施術をおこなっておりますが、ご心配な方は医師にご相談ください。
ダウンタイムはありますか?
ほとんどありません。施術後すぐにメイクも可能です。まれに赤み、腫れ、かゆみが伴うことがありますが、これらは一時的な反応です。
ボトックスやフィラーの後に施術を受けることはできますか?
ボトックスやフィラー注入などの施術を受ける場合、リニアファーム(ULTRAcel Q+)の施術後をお勧めします。医師にご相談ください。
効果はいつ頃期待できますか?
従来のドットカートリッジの場合、施術直後から効果を感じることはできますが、数ヶ月後にコラーゲンの再生が起きます。この過程は、最長6ヶ月まで持続します。
リニアファームの場合は、施術直後から効果を感じる方もいらっしゃいますが、老廃物の体外排出に数日を要するため、効果実感までの期間には個人差があります。
何回の施術が必要ですか?
従来のドットカートリッジの場合、1回の施術でも効果的です。ただ、効果を維持したいとお望みの場合は、継続して施術を受けられることをお勧めします。(半年に1回のペースが目安)リニアファームによるボリュームダウン施術では2週間おきに3回の施術をお勧めしています。さらに継続して施術を受けられる場合、2クール目以降は半年に1回のペースを目安に施術をお受けいただくことをお勧めします。
日焼け肌でもOKですか?
肌の色を問わず施術を受けられますが、日焼け直後は皮膚が熱を持っている状態ですので思わぬ副作用を招きかねません。日焼けが落ち着いてからの施術をお勧めします。

禁忌

  • 妊娠、授乳中の方
  • リウマチなどで金製剤を過去に服用された方
  • 金の糸の手術を受けられた方
  • ペースメーカーや埋込式除細動器を使用中の方
  • 施術部位に金属プレートやシリコン、金の糸などを埋め込んでいる方
  • 重度の糖尿病、悪性腫瘍、心疾患、出血性疾患、ケロイド体質の方
  • 治療部位に感染症や重度の皮膚疾患、大きな瘢痕組織のある方
  • 頬の脂肪が極端に少ない方

症例

症例A

施術前

施術後


症例B

施術前

施術後

  • 施術名
    ハイフ
  • 施術の説明
    肌深部まで超音波を照射し、フェイスラインの引き締めやしわの改善をする治療法です。
  • 施術の副作用(リスク)
    痛み、浮腫、しびれ、熱傷、しびれを生じることがあります。
  • 施術の費用
    71,500円

美肌メニュー比較

※表の右端が切れて表示される場合は、横にスクロールしてご確認ください。

適応/
治療
ダーマペン エレクトロ
ポレーション
水光注射 ハイフ
ブライト
ニング
ケミカル
ピーリング
マッサージ
ピール
幹細胞
培養上清液
真皮
繊維芽細胞
毛穴の開き
ニキビ 炎症ニキビはNG 炎症ニキビはNG
ニキビ跡
しみ/
くすみ
ハリ/
ツヤ
乾燥
1回の効果 ★★ ★★★ ★★ ★★ ★★★ ★★★
治療間隔 3〜4週間 2〜3週間 3〜4週間 2週間 4週間 3〜4週間 3〜4週間 1年
痛み 麻酔要 なし 麻酔要 ほぼなし ほぼなし ほぼなし あり 麻酔要
ダウン
タイム
3〜7日 なし 3〜7日 ほぼなし ほぼなし ほぼなし 1〜2日 3〜7日
施術
リンク

詳細を
見る

詳細を
見る

詳細を
見る

詳細を
見る

詳細を
見る

詳細を
見る

詳細を
見る

詳細を
見る

当院の特徴

通いやすいクリニック

数寄屋橋交差点から徒歩2分、東京メトロ銀座駅B7出口から徒歩2分、瀟洒なビルの12階に位置し、景観の素晴らしいゆったりと落ち着いたスペースで診療をおこなっています。
また、皆さまが安心して通っていただけるよう最適な価格で施術をご提供しております。
快適な空間で、日常生活の疲れやストレスを癒し、ご自身の健康と美に向き合ってみてはいかがでしょうか。


プライバシー重視

患者様お一人お一人としっかり向き合い、最適な施術をご案内できるよう完全予約制を採用しております。完全予約制のためお待たせすることのない上、他の患者様とお顔を合わせることのないよう配慮しております。個室も数多く用意しておりますので、プライバシーを重視される方は特に安心して通っていただけます。


再生医療に専門性のある医師

当クリニックの院長は、脂肪幹細胞や幹細胞培養上清液などの再生医療に長年従事しており、知識、経験が豊富にございます。
美容分野においても20年以上美容クリニックにて経験を積んだベテラン医師が対応いたしますので、再生医療·美容医療どちらにおいてもお悩みを解決できるようお手伝いをいたします。


肌診断に対応

最新AIと5種類の光で現在の肌状態だけではなく、未来の肌状態をシュミレーションします。肌の変化の予測や、肌トラブルが起きやすい部位を視覚的に認識することで、必要なケアがわかります。

「糖化懸念」「赤み(敏感肌)」「毛穴」「シミ」「シワ」「ニキビ」「毛穴」「目元分析」が視覚的に認識できます。また、撮影結果をスマートフォンに送信することで、ご自宅でも診断結果を確認することができます。

「どんな肌治療をしたらいいのか分からない」「治療の効果がでているか知りたい」「普段のスキンケアは肌に合っているか心配」「今後のシミやシワが気になる」などのお悩みをお持ちの方は、一度肌診断をお受けください。

料金

200ショット(フェイスライン目安):税込39,800円

院長ブログ

院長ブログでも医療用HIFUについてご紹介しています。


こちらの施術内容ページは医学的・専門的な内容の為、当院院長の三島 雅辰監修の元作成しております。
資格:日本外科学会認定医、日本医師会認定産業医

渡航者向けのPCR検査
WeChat簡単予約

24時間・休診日でもOK!

WeChatの予約手順はこちら

今だけ LINE友達追加で10%OFFクーポン贈呈!

Gクリニック公式Instagramアカウント


  • 友だち追加

右のQRコードをスキャンして、WeChatで私を追加してください。

WeChatのQRコード。スキャンかタップでアクセス。

〒104-0061 東京都中央区銀座5-3-13 GINZA SS85ビル12階 アクセス