がん予防

がんの原因

がんは様々な要因によって発症していると考えられています。喫煙、飲酒、食生活、運動、体格、感染、化学物質、遺伝やホルモンなどと言われています。そしてがんの中には予防できるものも多くあります。

がんが発生する仕組み

人間の身体は細胞から成り立っています。がんは、正常な細胞から発生した異常な細胞のかたまりです。何らかの要因によって遺伝子が傷付くことで異常をもった細胞が増え、さらに細胞分裂を繰り返すことで大きなかたまりになります。

ただし、健康な人であっても、毎日5000~6000個の細胞が異常な細胞に変化していると言われていますが、身体の中の免疫システムによってがんの発症を防いでいます。

がん予防におすすめの施術

  • NK細胞療法
  • BAK療法(再発予防)
  • ANK療法(がん治療)
  • 高濃度ビタミンC点滴

がん予防診療案内

NK療法

NK細胞は、自然免疫細胞の主要な細胞傷害性リンパ球の一種で、自然免疫細胞であるNK細胞は樹状細胞の情報を必要としないでがん細胞を破壊することができることから、生まれつきの細胞傷害性細胞という意味で名付けられた細胞です。
本治療法は、選択的にNK細胞を増殖・活性化し,再び体内に戻す治療法です。NK細胞は、さまざまながんに対して効果が期待できます。


BAK療法

BRM Activated Killer(生物製剤活性化キラー)療法の頭文字を取ったものです。
がん治療「免疫細胞BAK療法」は、国への届出、受理されたリンパ球を用いたがん免疫細胞療法です。使用する免疫細胞は自然免疫細胞のγδT(ガンマデルタ)細胞とNK細胞を主に使用して治療します。


高濃度ビタミンC点滴

通常、大量のビタミンCを口から摂取すると体をサビさせる鉄イオンの吸収を促進するため、活性酸素発生の原因になることがあります。
高濃度のビタミンCを点滴することで血中のビタミンC濃度を急激に上昇させ細胞の1つ1つにビタミンCを浸透させることが出来ます。また鉄イオンの吸収を促進することもありません。


α(アルファ)リポ酸点滴

αリポ酸はチオクト酸とも呼ばれる脂肪酸の一種です。人間の細胞60兆個全てに存在しています。ビタミンCやビタミンEの400倍もの高い抗酸化作用があり、がん、C型肝炎、肝硬変の治療にも効果があると言われています。


血液クレンジング

医療用オゾンを血液に混ぜて反応させる点滴です。ヨーロッパでは古くからオゾン療法は免疫強化や健康増進のために用いられてきました。血管内が拡張し、赤血球(ヘモグロビン)がより多くの酸素を運ぶようになります。また、活性酸素を分解する酵素の増加により抗酸化作用、血流改善、免疫力向上の効果が期待できます。


疼痛緩和(局所投与)

関節痛や肩の痛みなどさまざまな痛みの緩和の効果が期待できます。
特に効果を得たい部位に培養上清液を注射で注入します。注入した部位では細胞分裂が活 発になり組織の再生が行われることが期待されます。
関節内への注入では、関節炎などの炎症を抑え骨膜などを再生する効果が期待されます。 その他、部位によりさまざまな効果が期待できます。


CTC検査

CTC検査は末梢血中に痕跡が存在するCTCを捕捉・検査・測定することにより、CTCタイプと数量変化の傾向を監視・測定し、腫瘍の動態をリアルタイムに監視・測定し、治療効果を評価し個体治療を実現します。

その他おすすめのお悩み別案内


こちらの施術内容ページは医学的・専門的な内容の為、当院院長の三島 雅辰監修の元作成しております。
資格:日本外科学会認定医、日本医師会認定産業医

  • 友だち追加

右のQRコードをスキャンして、WeChatで私を追加してください。

WeChatのQRコード。スキャンかタップでアクセス。

〒104-0061 東京都中央区銀座5-3-13 GINZA SS85ビル12階 アクセス