ED(勃起不全)

EDの原因

EDとは、Erectile Dysfunctionの略語で、勃起障害·勃起不全を意味します。EDは、「満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持できない状態が持続、または再発すること」と日本性機能学会により定義づけられています。

勃起は、「脳からの神経を通じて命令·信号が伝達される神経的要因」「陰茎の海綿体に血液が流れ込む血管的要因」「性的に興奮したり、性的な刺激を受ける心理的要因」これらが重なった上で至ります。
それぞれに問題がある場合やどれかに問題がある場合にED(勃起障害、勃起不全)ということになりますが、原因は様々です。

心理的要因

日常生活の中でのストレスや過去に性交がうまくいかなかった時のトラウマなどにより、性的な刺激があっても勃起できないことが起こります。また、妊娠のための性交がプレッシャーになっている場合もあります。
直接性交に関わるものだけでなく、日々の心配事や、仕事でのストレス、経済的困窮などもEDの原因になります。

器質的要因

陰茎海綿体に血液が流れ込むと、陰茎は膨張して硬くなります。しかし、何からの原因により血管の働きや血流に問題があると、EDを起こしてしまうことがあります。
最も多い原因としては動脈硬化です。加齢、糖尿病や高血圧、高脂血症などにより血管の弾力性が失われ、血管が十分に拡張できなくなります。喫煙や過度な飲酒も症状を悪化させる要因でもあります。

薬剤的要因

普段、服用している薬剤が原因でEDが起こる場合もあります。降圧剤や抗うつ剤、睡眠薬、精神安定剤等を服用されている場合は薬の副作用によってEDが起こっている可能性があります。

EDの治療

EDの治療はバイアグラなどの薬剤によって改善することができますが、Gクリニックでは幹細胞培養上清液による治療を行っています。

幹細胞培養上清液によるED治療

幹細胞培養上清液とは幹細胞を培養した培養液から幹細胞を取り出したうえ、滅菌処理などを施した上澄み液のことを指します。
幹細胞培養上清の中にはサイトカインと呼ばれる細胞活性のカギとなるサイトカイン(成長因子、免疫調整因子、抗炎症性因子、神経再生因子など)が豊富に含まれています。体内の損傷を受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たします。老化などにより衰えた細胞の回復を後押しするためなど、さまざまな効果が期待され治療に用いられています。

幹細胞培養上清は、陰茎海綿体の内皮細胞を再生する機能があるため、勃起不全が改善されます。
血管内皮細胞が再生することにより、EDだけでなく、体内の内皮細胞の再生もするため、エイジング予防としても期待できます。

ED(勃起不全)診療案内

ED(局所投与)

培養上清は、陰茎海綿体の内皮細胞を再生する機能があるため、勃起不全が改善されます。
血管内皮細胞が再生することにより、EDだけでなく、体内の内皮細胞の再生もするため、エイジング予防としても期待できます。

その他おすすめのお悩み別案内


こちらの施術内容ページは医学的・専門的な内容の為、当院院長の三島 雅辰監修の元作成しております。
資格:日本外科学会認定医、日本医師会認定産業医

今だけ LINE友達追加で10%OFFクーポン贈呈!

Gクリニック公式Instagramアカウント


  • 友だち追加

右のQRコードをスキャンして、WeChatで私を追加してください。

WeChatのQRコード。スキャンかタップでアクセス。

〒104-0061 東京都中央区銀座5-3-13 GINZA SS85ビル12階 アクセス