院長ブログ
第5回
ウーバーピールについて

皆様、こんにちは。Gクリニックの院長の三島です。
今回はウーバーピールについてご紹介させていただきます。

ウーバーピールとは?

ダーマペン専用の低刺激ピーリング剤(UBER PRO PEEL)とダーマペンを合わせて治療することを「ウーバーピール」と呼びます。

ダーマペンの治療後、皮膚表面上に無数の穴が高密度に空いている状態でウーバーピールを塗布することで、有効成分が皮膚の深層にまで浸透させることができます。

ウーバーピールの成分

ウーバーピールは11種類もの有効成分が含まれており、主成分であるマンデル酸はAHA(アルファハイドロキシ酸)の一種で、古い角質を取り除き、皮膚のターンオーバーを促す作用があります。さらにコウジ酸や乳酸も含まれているため、美白作用もあります。

ウーバーピールの効果

ウーバーピールには大きく分けて3つの効果があります。一つ目は、色素沈着や美白作用です。ニキビ跡やくすみの改善が期待できます。二つ目はニキビや肌トラブルの改善作用です。炎症ニキビや肌荒れでお悩みの方におすすめです。最後は、皮膚修復や創傷治癒作用です。小じわや肌質改善が期待できます。

ダーマペンの施術後、肌にウーバーピールを塗布するため、美容成分を皮膚の深層まで浸透させることができます。

1ヶ月おきに治療を続けると、より効果を実感できます。炎症ニキビや色素沈着が気になる場合ですと、1ヶ月おきに4〜6回の治療をおすすめします。

ウーバーピールのダウンタイム

施術後~数日間は赤みが出る場合がありますが、オプションのSRSマスクパックを併用することで、赤みを軽減することができます。また、皮剥けや乾燥も1週間ほど出ることがあります。その際には保湿を心がけてください。

ウーバーピールは治療直後から12時間は洗顔、メイク、日焼け止めの塗布などができません。治療直後は皮膚表面上に無数の穴が高密度に空いているため、洗顔やメイクなどにより雑菌が入り込む恐れがあります。そのため、注意事項は守っていただくようにお願いしています。

ヴェルベットスキンとの違い

ウーバーピールと同様にダーマペンの治療の際にピーリング剤を併用する「ヴェルベットスキン」という治療があります。これはダーマペンとPRX-T33(マッサージピール、コラーゲンピール )というピーリング剤を合わせて治療するものです。

ウーバーピールもヴェルベットスキンもダーマペンによる針の深さは出血が出ない程度の表皮(0.2~0.5mm)までを目安にして治療を行います。

ヴェルベットスキンとウーバーピールとの違いですが、ヴェルベットスキンは皮膚の深層(真皮層)にはたらきかけ、コラーゲン生成を促すためハリ感やツヤ感を出す治療です。ウーバーピールは、炎症ニキビや色素沈着、美白の治療です。

おすすめの施術

Gクリニック公式Instagramアカウント


  • 友だち追加

右のQRコードをスキャンして、WeChatで私を追加してください。

WeChatのQRコード。スキャンかタップでアクセス。

〒104-0061 東京都中央区銀座5-3-13 GINZA SS85ビル12階 アクセス