院長ブログ
第2回
ヒアルロン酸注入について

皆様、こんにちは。Gクリニックの院長の三島です。
今回は、ヒアルロン酸注入についてご紹介させていただきます。

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は元々人間の体内に存在するゼリー状の物質で、ムコ多糖類の一つです。強い粘り気や弾性を持ち、皮膚では真皮内に多く含まれるほか、皮膚や筋肉、軟骨など様々な部位にあり、細胞同士をつなぐ役割を担っています。
ヒアルロン酸は非常に高い保水力があり、ヒアルロン酸自体の質量の600倍の水分を保持する力があるため、肌の潤いやハリを保つ非常に大切な成分です。

ヒアルロン酸注入とは?

ヒアルロン酸を、しわやたるみの気になる部分に直接注入することによって、肌が下から持ち上げられ、深くなったしわを目立たなくすることが可能です。
また、鼻筋や顎の先端やおでこの凹んだ部位などに注入することで、より理想の形状を形作ることが出来ます。

ヒアルロン酸を注入できる部位

しわの改善目的であれば、額、眉間、目尻、ほうれい線、口角に注入します。審美目的であれば額、涙袋、鼻根、あごに注入します。

ヒアルロン酸注射の種類

注入するヒアルロン酸は、全て同じ「ヒアルロン酸」ではありません。一概にヒアルロン酸と言っても細かく種類が分かれており、その種類ごとに特徴が違います。

Gクリニックで使用するヒアルロン酸

当院では、ヒアルロン酸は米国アラガン社製のジュビダームビスタシリーズを使用しており、ヒアルロン酸のロールスロイスとも言える高品質の製品です。ジュビダームビスタは国内で唯一、厚生労働省に承認されているヒアルロン酸です。
新製法バイクロス技術によって、分子同士の網目構造を密にすることで、従来のヒアルロン酸に比べて、持続時間が長期になりました。低濃度のボルベラXCで約1年、高濃度のボリューマXCで約2年と効果が持続し、また組織親和性も高いので顔の組織に馴染みやすくなっています。
当院では、ジュビダームビスタを使用するためのアラガン・ジャパンの認定資格を取得しています。

ボリューマ

ボリューマはアラガン社で製造されているジュビダームビスタシリーズのVOLUMA XCという製剤のことです。それなりの硬さがあり、注入した箇所に止まる性質が強いことから、たるみを引き上げて輪郭を美しく見せる、リフトアップ治療に使用されます。また、リフトアップだけでなく、シワ部分への注入にも使用されます。持続性は1~2年あります。

ボリフト

ボリフトもアラガン社のジュビダームビスタシリーズのひとつです。馴染みが良く、柔らかいのが特徴で、注入後の違和感が少ないといわれています。自然なふくらみや高さを出すのに向いており、ほうれい線やマリオネットラインによく使用されます。持続性はボリューマと同等で、1~2年ほどです。

ボルベラ

ボルベラもジュビダームビスタシリーズのひとつで、柔らかいため涙袋や唇の注入に使用されます。持続は1年~1年半とボリューマ、ボリフトに比べて短いです。

ニューラミス

ニューラミスは韓国メディトックス社で製造しているヒアルロン酸注入剤です。KFDA(韓国食品医薬品安全庁)とEDQM(欧州医薬品品質理事会)の認可を得ています。持続は半年~1年ほどで、ジュビダームシリーズと比較すると手頃な価格で施術ができます。

クレヴィエル

クレヴィエルは韓国の化粧品メーカーアモーレパシフィック社が製造しているヒアルロン酸注入剤です。鼻やあご専用に使用されているヒアルロン酸で硬さがあります。持続は1~2年ほどです。

ヒアルロン酸注射の安全性

ヒアルロン酸は元々人間の体内に存在するゼリー状の物質で、ムコ多糖類の一つです。アレルギー反応がほとんど起きないと言われています。

ヒアルロン酸を顔に入れても大丈夫?

ヒアルロン酸は、元々体内に存在する物質の一つです。注入に使用するヒアルロン酸製剤は数ヶ月~2年ほどで完全に体内に吸収されるため、体内に異物として残ることはありません。

安全な製剤の見分け方はある?

ヒアルロン酸製剤は、国によって効果と安全性が認められている高品質な製剤から、体内に吸収されない物質が混入している粗悪な製剤までさまざまあります。価格の安いクリニックでは、品質が保証されない製剤が使用されることもありますので、十分に確認することをおすすめします。
安全な製剤の見分け方としては、国による認可があるかどうかです。日本では、アラガン社のジュビダームビスタシリーズが厚生労働省から認可を受けています。他にも、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)や韓国のKFDA(韓国食品医薬品安全庁)による認可やヨーロッパのCEマークを取得している製剤であれば、安全性は高いと言えます。

ヒアルロン酸注入の副作用

ヒアルロン酸注入による、内出血や刺入部の違和感などは、避けられないこともありますが、数日から1週間程度で収まります。 

内出血

内出血は施術の失敗ではありません。皮膚の薄い部分や毛細血管が多い箇所ではよく起こりることです。内出血を最小限に抑えるように、マイクロカニューレという細い針を使用して注入を行うことも可能です。また、圧迫止血によって内出血をしないように注意を払っています。内出血はおよそ1週間で治ります。

痛み・違和感

注入時や注入部位に違和感や軽い痛みを感じる場合があります。痛みや違和感は数日で治ります

腫れ・むくみ

ヒアルロン酸注入の刺激により、腫れやむくみを感じることがありますが、数日で治ります。注入部位を強く押さないようしてください。

組織の壊死

極まれに誤って血管に注入し、血流障害を起こし、組織を壊死させてしまうなどの症例報告が見受けられます。特に鼻根部周囲には血管が多く注意が必要ですが、注入する場所や深さ、注入スピード、マイクロカニューレの使用することで事故を防ぐことができます。当院では、今まで重篤な副作用を引き起こしたことは、1度もありません。

ヒアルロン酸と組み合わせて効果的な施術 

ヒアルロン酸注入とハイフやショッピングリフトの施術、ボトックス注入を組み合わせることによって、より理想のイメージに近づくことも可能です。

ヒアルロン酸×ハイフ

ハイフとは、超音波の熱エネルギーによって、肌や皮下組織のゆるみをリフトアップする施術です。皮膚の浅い層(表皮・真皮)だけでなく、たるみの原因であるSMAS筋膜までアプローチできるのが特徴です。ハイフとヒアルロン酸注入を定期的に交互に行うことで、リフトアップだけでなく、フェイスラインを形成することもできます。

ヒアルロン酸×ボトックス

ボトックスを目尻や額など表情じわができる部分に注射することでしわの改善や予防につながります。すでに深く刻まれてしまったしわに対してはヒアルロン酸を注入することでしわが改善され、滑らかな肌へ導きます。

ヒアルロン酸×ショッピングリフト

ショッピングリフトとは、髪の毛よりも細い糸を皮膚に挿入することでコラーゲンを増やす施術です。ショッピングリフト後にヒアルロン酸注入すると理想のイメージに近づきます。

おすすめの施術

Gクリニック公式Instagramアカウント


  • 友だち追加

右のQRコードをスキャンして、WeChatで私を追加してください。

WeChatのQRコード。スキャンかタップでアクセス。

〒104-0061 東京都中央区銀座5-3-13 GINZA SS85ビル12階 アクセス