院長ブログ
第14回
眼瞼下垂について

皆様、こんにちは。Gクリニックの院長の三島です。
今回は、眼瞼下垂についてお話しさせていただきます。

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは?

眼瞼下垂は加齢による皮膚のたるみや、まぶたを支える筋肉の力が弱まることでまぶたが下がってしまい、十分に目が開けられず、まっすぐ前を見たときに上まぶたが黒目を被っている状態のことです。

眼瞼下垂の原因は?

先天性の眼瞼下垂には、生まれつきまぶたを支える筋肉(眼瞼挙筋)の働きが弱い、まぶたを動かす神経に異常があるなどが原因です。

加齢や生活習慣が原因で起こる後天性の眼瞼下垂は、加齢によるまぶたの皮膚のたるみ、コンタクトレンズの長期使用、まぶたをこする癖があるなどが考えられ、アイプチやまつ毛エクステなどもまぶたにかなりの負担がかかっており、眼瞼下垂の原因になり得ます。

眼瞼下垂の症状

  • まぶたが重く感じる、開けにくい
  • 二重の幅が広がってきた
  • 二重の線が何本もある
  • 左右で目の大きさが違う
  • まぶたの上がくぼんできた
  • 眠たそうな顔に見える

こんな方は要注意!?

  • コンタクトレンズを装着している(特にハードタイプを使用)
  • 目をこする癖がある
  • 頭痛や肩こりがひどい
  • 夕方になると目が疲れる、痛みがある
  • おでこのシワが増えた
  • 埋没法など過去に美容整形の治療を受けたことがある

当てはまる項目はないでしょうか。1つでも当てはまる方は眼瞼下垂になる、もしくは眼瞼下垂になっている可能性があります。

眼瞼下垂の症状

Gクリニックでの眼瞼下垂治療のポイント

ポイント1 傷跡が目立ちにくい手術

Gクリニックでは「眉毛下切開術」にて眼瞼下垂の治療を行います。 眉毛の下のラインぎりぎりを切開して上まぶたの余分な皮膚を取り除き、たるみをとる治療法です。傷跡は眉毛に隠れるため、傷跡が目立ちづらいことが特徴です。

眼瞼下垂の症状

ポイント2 保険適応も可能

眼瞼下垂の手術は基本的には自費手術となりますが、一定の条件を満たせば保険適応の手術になることがあります。
年齢やまぶたの下がり具合、まぶたの動く距離などを診察して保険適応かどうかを決定します。

おすすめの施術

今だけ LINE友達追加で10%OFFクーポン贈呈!

Gクリニック公式Instagramアカウント


  • 友だち追加

右のQRコードをスキャンして、WeChatで私を追加してください。

WeChatのQRコード。スキャンかタップでアクセス。

〒104-0061 東京都中央区銀座5-3-13 GINZA SS85ビル12階 アクセス