美容施術

TOP / 美容皮膚科 / 美容施術
QスイッチYAGレーザー

ルビーレーザーは、最もメラニンに対する吸収効率の高いレーザーです。
表皮や真皮のメラニンを選択的に処理します。QスイッチYAGレーザーは、様々な肌トラブルに対応する治療法です。シミ・そばかす・毛穴開き・黒ずみ・毛穴縮小はもちろん、これまでレーザー治療が難しかった肝斑(かんぱん)治療も行えます。
治療中は、輪ゴムで弾かれるようなパチパチとした刺激がありますが、痛みが気になる方には表面麻酔等の対応も可能ですので、お気軽にお申し付けください。

当院のQスイッチYAGレーザーで使用されるレーザー波長は、症状に合わせて変化することが可能です。種類の短波長レーザー(KTPレーザー、NdYAGレーザー)の他に、長波長レーザーも照射がおこなえ、シミ治療・肝斑(かんぱん)・肌質改善など、様々なニーズに合わせた治療ができます。また、レーザーの熱で真皮層を刺激し肌の再生を促すことから、肌のキメが整い毛穴やニキビ肌の改善作用もあります。

[治療方法]
無麻酔あるいは麻酔テープの貼付の後、レーザーを照射します。

ルートロトーニング(肝斑治療)

肝斑(かんぱん)とは、一般的に30~40代の女性に多く見られ、両頬に左右対称に現れる茶色いしみの一種です。肝斑ができる原因には様々な説がありますが、はっきりしたことはわかっていません。女性ホルモンが関与しているのではないかと考えられています。
肝斑はしみとは違い、デリケートに治療しなければいけません。従来のレーザー治療器や光治療器による治療では肝斑を悪化させてしまうリスクがあるため、これまではタブーとされていましたが、スペクトラによる「レーザートーニング」なら安全・効果的に治療することができます。
また、炎症後色素沈着などの持続するメラニン沈着に対しても、効果が期待できます。

ルートロピール(ホワイトニング)

ショートパルスヤグレーザーを照射し、表皮~真皮層のメラニンを破壊してくすみ・シミ・ADMなどの色素沈着を薄くしていきます。

スペクトラピール(毛穴・肌質改善)

レーザー光をお顔全体に照射することで、表皮下の真皮内に熱を伝え、真皮内のコラー ゲンを活性化することでお肌の質感やハリ、毛穴の開きやニキビを改善していく方法です。
「スペクトラ」の「1064nm のロングパルスYAGレーザー」を用いるので、「スペクトラピール」と言いますが、このレーザー光は波長が長いため、真皮のより深部まで熱が到達できるというメリットがあります。 また、同じ「スペクトラ」の「ルートロ・ピール」と連続して施行することで、お肌の色調改善と質感改善を同時に行う「デュアルピール」ができることも特徴です

コラーゲンピール

イタリアで10年の臨床研究を経て国際特許を取得した、コラーゲンの生成を強力に促進するケミカルピーリング剤です。
「高濃度トリクロロ酢酸(TCA)」と「低濃度過酸化水素(H2O2)」を正確な濃度で配合することにより、フロスティングを起こすことなくお肌の深い部分にアプローチすることができます。
マッサージしながら塗るだけで、細胞レベルに作用する画期的な若返り治療法として話題を集めています。

光フェイシャル
ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、皮膚の再生を促進し、肌の細胞を若返らせることで、透明感や張りのある肌に近づけていきます。グリコール酸や乳酸などによって、古くなった角質を除去し、定期的に行うことで美肌になっていきます。
ケミカルピーリングは美肌以外にも美白・毛穴縮小・ニキビ改善に適しており、近年はフォトフェイシャルと同等の効果があるという報告もでています。
さらに、ニキビ治療においても、毛穴に詰まった老廃物を溶かしてしまうケミカルピーリングが適しています。ケミカルピーリング後に、イオン導入を加えれば、角質の深い部分に美肌成分を浸透させて、しっとり透明感のある肌に回復させることもできます。

エレクトロポレーション(メソポレーション)

特殊な電気の力で皮膚細胞膜に隙間をあけ、イオン化できない分子や高分子・低分子に関わらず、有効成分を細胞に無痛でダイレクトに届けることが出来る方法です。

脱毛