美容形成外科
TOP / 美容形成外科
埋没法

上眼瞼に7-0のナイロン糸をかけることで、ふたえにする手術です。
当院では、1本2点止めを基本としますが、
患者様のご要望があれば、多数点止めでの施術も可能です。

手術時間:10~30分程度です。
どれくらい腫れますか? 腫れは、局所麻酔をすることと、ナイロン糸をかけることで生じます。
埋没重瞼法の持続期間:奥ぶたえの方の幅を太くする、あるいは不安定なラインを強調するなどの場合には、10年以上持続することがあります。しかし、生まれつきひとえの方の場合や、厚いまぶたをしている方の場合などには、糸に負担がかかり後戻りしやすくなります。
保証期間:1年以内に、ラインが取れたり薄くなったりした場合には、1回に限り手術代無料でかけ直しを行います。
しかし、すぐ戻ってしまうというような場合は、埋没法の限界ですので、小切開法など固定力の強い方法への変更をおすすめします。 また、ラインの幅の変更など患者様のご都合の場合には、再度料金がかかります。
抜糸は必要ですか?: 皮膚表面を縫合閉鎖する必要はありませんので、1週間後に抜糸をする必要はありません。

リスク
希望通りのラインにならない可能性、内出血、埋没糸感染などのリスクがあります。

切開法

小切開とよばれる小さな切開のみで行うものと全切開と呼ばれる幅一杯に切開する方法があります。また、上眼瞼の眼窩脂肪をすこし切除して腫れぼったさをなくす追加手術も可能です。埋没重瞼法で、ラインが薄くなってしまい、1,2度かけ直したというような場合など、単に埋没法よりも強いライン保持力が目的であれば、1㎝以下の切開でおこなう小切開法で十分です。
しかし、末広型の重瞼ラインを平行型に近づけるなど、内側のラインをコントロールするためには、全切開法が必要です。
また、厚いまぶたをすっきりさせないのであれば、上眼瞼の眼窩脂肪や眼輪筋下脂肪(ROOF)を減量する必要があります。
患者様のまぶたにあった方法をご提案いたしますので、一度診察にご来院ください。

手術時間:小切開法で、左右で1時間弱ぐらい。全切開法の場合で1時間ぐらいです。

どれくらい腫れますか?:埋没法よりは腫れが強くなります。小切開法の場合には、3,4日でかなり自然な状態になります。
全切開法の場合には、1週間で8割方の腫れが引きますが、ラインが完成型になるのには、数ヵ月かかるとお考え頂きたいと思います。

保証期間はありますか?:切開法を選択しておきながらラインがとれてしまうというわけにはいきませんので、そのような場合には、当然無料で再手術を行います。ただし、ラインの幅の変更など、患者様のご都合による場合には、再度料金がかかります。

抜糸は必要ですか?:皮膚切開部を縫合閉鎖しますので、約1週間後に抜糸が必要です。

経結膜下脱脂法

経結膜下脱脂法は、目の周りを囲む脂肪(眼下脂肪)を目の下のまぶたの内側を数ミリだけ切開し、余分な脂肪を引き出す、目の下のたるみ取り法です。

・目の下の小ジワよりも、膨らみが目立つ方、シワやクマに見える方
・眼窩脂肪が多い方の、将来の目の下のたるみ予防

目の下の脂肪(眼下脂肪)が張り出すと、目の下が膨れ、さらにその下が影になってしまうため、たるみやシワのようになり、実年齢よりも高めの印象を持たれがちです。また、目の下のクマにも見えるため、やつれていたり、疲れてみられることが多くなります。

この張り出した脂肪を適度に取り除くことで、元気で若々しい表情を取り戻す治療が、 経結膜下脱脂法です。

なお、経結膜下脱脂法はたるみ取りの治療ですが、比較的若い方で眼窩脂肪がもともと多い場合にも、将来のたるみ予防として有効です。

鼻翼縮小

小鼻が大きいため、大きな鼻に見えてしまうという方に適している治療が鼻翼縮小術です。鼻翼縮小術によって鼻翼を切り取って、小さくすることによって改善することが出来ます。小鼻の幅や大きさを細かく調整し、小鼻をバランスよくスマートに整えます。標準的な鼻翼幅は、両内皆間距離と等しく、顔の横径を5等分したものです。また鼻翼幅は鼻長の70%程度が平均とされています。鼻翼を診察する際には正貌のみならず、軸位での形態観察が重要であり、鼻翼間距離、鼻翼の張り出し程度を把握した上で、術式・デザインを検討します。

治療時間
約30分~1時間程度

治療後の通院
1週間後くらいに検診・ギプス外し・抜糸

リスク
腫れ・むくみ・・・約1~3週間程度
内出血・・・約7~10日間程度

乳頭縮小術
乳輪縮小術
陥没乳頭
腋臭症(ワキガ・多汗症)

ボツリヌストキシン注射

小陰唇縮小術
ホクロ・イボ・アザ切除縫縮術

レーザーや外用薬塗布などでは治療が難しいもの、レーザー後の陥凹跡を残したくないホクロ・イボ・アザを局所麻酔した後、切除します。直径1cm以上ある大きなホクロやイボでも、メスで切除して縫い縮めることで、きれいに除去することができます。
例えば顔にあるホクロの場合、ホクロを皮膚のしわに沿って切開し、細い糸で縫い合わせて抜糸すれば、しわに沿った目立たない一本の傷になります。

ピアス

安全な方法でピアスホールを開けたい方
耳の軟骨やおへそにピアスホールを開けたい方
痛みが心配な方
ピアスを開ける器具が市販で販売されており、医療機関以外でも簡単にピアスの穴あけが出来るようになっておりますが、その一方で、炎症を引き起こす等のトラブルも少なくありません。綺麗にピアスホールを作られたい方は、安全な医療機関でのピアッシングをお勧め致します。

またデリケートなホールに長時間つけ続けるファーストピアスは、耳を圧迫しないだけの長さと金属アレルギーに対する配慮も必要です。
当院では、金属アレルギーの方でも安心なチタン加工のものや職場や学校など、目立つものが付けられない方の為に樹脂製の透明ピアスなど数種類ご用意しております。

[手術方法]
痛みを軽減させるため、患部を良く冷やしてから、医療用ピアッサーでピアッシングを行います。
一瞬で終了いたしますので、痛みや出血はありません。
ヘソピアスの場合は、冷やした後に局所麻酔を注入し、医療用の針でピアッシング致します。