20年ほど前に、Jリーグ「ベルマーレ平塚(現、湘南ベルマーレ)のチームドクターをしていたころの話です。当時ベルマーレは、日本代表に7名も輩出する湘南の暴れん坊チームでした。しかし、Jリーグの試合はいつも前半戦に、失点を重ね、後半戦にやっと追いつくが逆転に至らないゲームが続きました。

水曜・土曜日に試合を繰り返し、選手にも疲労の色は隠せません試合が続きました。
そこで、選手の疲労回復とパワーアップのコンディション作りのために、考えたのが「ニンニク注射」でした。

選手には、当初ビタミンB1B2B6B12+Cの注射と説明していましたが、なかなか中身を憶えないめにニンニクのような臭いの強いエネルギー注射を「ニンニク注射」として選手に呼応させました。

試合前の、MTGでニカノールコーチの戦略会議の後に必ず毎試合5分間の時間をもらって、選手に最新のスポーツ医学の話をして、コンディション作りのために役立ててもらいました。

こうして選手の体調は回復が早く、天皇杯優勝のおまけが付きました。

その後、巨人清原選手や高橋・村田選手ら、横綱朝青龍関のコンディショニングにほぼ試合前に注射しながら、戦っていました。(当時は試合前に静脈注射の行為は、ドーピング行為には触れませんでした。)

テレビでも紹介され、マスコミの評判からあっという間に「ニンニク注射」は全国に広まりました。

私たちの体には筋肉や内臓の細胞レベルですべての核の中に、ミトコンドリアがあり、この中にTCAサイクル(ATPサイクル)というエネルギー産生サイクルが存在します。このATPを産むサイクルの存在はわかっていましたが、なかなかサイクルが回らず、ATP(アデノシン3リン酸)が発生しないのが、現実でした。

このニンニク注射をすることによって、一気にサイクルは回転し、自分の肝臓に貯めていたグリコーゲンをATPに変化させるだけでなく、スポーツや仕事で発生した疲労物質の乳酸を、再度エネルギー源として再利用できます。選手は疲労回復の驚異的な実現、負けられない試合でも、最後まで走りきる力を得て、戦えるパワーとスタミナを得たのです。

その年、アリゾナ州で、疲労回復のエビデンスを立証し、このアイディアはその後疲労回復や二日酔い・風邪の引き始め・美肌美白効果に・時差ぼけ・パワーアップに広く全国の皆様に愛される「ニンニク注射」は誕生しました。当時は、オリンピックでも認可されていましたから、たくさんの金メダル獲得に寄与し、歌手の皆さんにはコンサートの直前やレコーディングに愛されていきました。

アリゾナ大からは「人類に貢献する発明品」のひとつに認可されて、「ニンニク注射」は広く世界の医療機関でも採用されるようになりました。

しかし、アリゾナでの研究の、いかにビタミン剤の組み合わせが一番良いかは私は秘密にしています。単純にビタミンの組み合わせが、ニンニク注射という訳ではありません。多くの選手や遊び人の患者さんから「平石さんのニンニクが一番効くよね!」と太鼓判を押してくれる訳は秘密です。

私たちのGクリニックの「ニンニク注射」は他院とは、ひと味もふた味も違います。

ぜひ、一度、平石オリジナルのニンニク注射を体験してください。

わずか5分間で、ニンニク100個分のエネルギーを一気に身体に注入して、負けられない試合・負けられない仕事にぜひ活かしてください。

Gクリニックは、Dr.平石は、常にあなたの強い味方です!